--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2012-09-30

あふれるほどに 櫻木充 双葉文庫




【内容情報】(「BOOK」データベースより)
田所翔平は、十九歳の浪人生。朝、予備校に行く前に幼稚園に妹を送り届け、そこでアラサーのママ友と会話するのをひそかな楽しみにしている。そんな熟女好きの翔平が心惹かれているのが、幼稚園の職員で「窓辺の君」と呼んでいるスレンダー美女だ。だが、本当に憧れを抱いているのは、義母の真季子だった。オリジナル長編フェチック&熟女エロス。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
櫻木充(サクラギミツル)
東京都生まれ。1997年末にフランス書院文庫より『二人の女教師・教え子狩り』でデビュー。サラリーマン生活のかたわら執筆を続けていたが翌年退職、専業作家として活動を始める。裸身よりも下着姿に、全身よりも部位にこだわり、フェティシズムに満ちた官能シーンを追求する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



なるほど、官能小説というジャンルの小説でしょうか。

後半はちょっと暴走しすぎですか。でも、なかなか良くかけていて面白く読めました。
官能小説こそ、馬鹿馬鹿しくならないように文才が必要でしょうか。


ところで、242ページ目の2行目に、そこにいるはずのない「真季子」の名前が!?
どうやら、「雪絵」と書くべきところを、間違えた誤記のようです。

スポンサーサイト

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2012-09-25

1984年 ジョージ・オーウェル 早川書房



名作と呼ばれている。
とりあえず、読み始めた。

テレスクリーンと思想警察とやらが出てきたが、ストーリーが難しい上、翻訳が古風。
その上、大変豊富な語彙で書かれていて、疲れた頭では創造力と読解力が追いつきませんでした。

リフレッシュして、明日からまた読み続けます。

訳者は新庄哲夫さん。もう亡くなっている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%BA%84%E5%93%B2%E5%A4%AB
やはり、「1984年」はベストセラーだったようだ。

読書意欲が沸いてくる。

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2012-09-24

竜馬がゆく 司馬遼太郎 文春文庫



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「薩長連合、大政奉還、あれァ、ぜんぶ竜馬一人がやったことさ」と、勝海舟はいった。坂本竜馬は幕末維新史上の奇蹟といわれる。かれは土佐の郷士の次男坊にすぎず、しかも浪人の身でありながらこの大動乱期に卓抜した仕事をなしえた。竜馬の劇的な生涯を中心に、同じ時代をひたむきに生きた若者たちを描く長篇小説。



この巻は、竜馬の旅立ちから、黒船来航、安政諸流試合という剣試合で竜馬が桂小五郎に勝つまでの物語。

特に途中、竜馬の初体験が載っているが、どうやって司馬遼太郎は竜馬の初体験の相手や時期を知ったのか?
それが最大の謎。それとも、いい加減なことを書いたのか? (大分くだらない疑問ですね。。。)

この巻では竜馬は22歳程度まで。まだ、尊王攘夷の考えでいる。
これから偉大なことをやろうという兆しが、まだほとんどない。
そう思うと、2巻以降が気になる。


ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2012-08-30

老人賭博 松尾スズキ 文春文庫

会社の昼休みによく立ち寄る書店で、なんとなくくだらなそうだなタイトルだと思い、買って読みました。

久々の長編小説です。



映画の撮影ロケ地で徐々に整っていく大賭博の舞台。

そして、勝負のときが来ます。

有名な老人俳優のテイクミスの回数を関係者各位で掛ける。

掛け金は10万円。


著者の松尾スズキさんは、舞台役者でもあるんですね。

この物語にも、まさに著者本人をイメージしたようなキャラクタが出てきます。

この物語を舞台でやったら面白いかもしれません。

小説で読むにはちょっと退屈でした(笑)

コメディ小説ってゆうのはこういうものかもしれませんね。

あくまで、文学を分かっていない私の感想です。


                                                2012年29冊目
ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2011-04-11

アフターダーク 村上春樹 講談社

東京都心の、ある一晩の出来事を映した小説です。

著者はこの物語に数々のメッセージを詰めているんじゃないかと思います。
でも、小説を読むのが下手な私は、あえてそれらについて触れないでおきます。

以下、感想です。

主人公のお姉さんの部屋にあったテレビだけは、想像を絶していました。
それ以外はとても読みやすかったし、それなりに惹きつけられる内容です。

私が特に印象に残ったセリフをメモしておきます。
ラブホの従業員のコウロギが主人公のマリに対して話したセリフです。

「それで思うんやけどね、人間ゆうのは、記憶を燃料にして生きていくものなんやないのかな。
その記憶が現実的に大事なものかどうかなんて、生命の維持にとってはべつにどうでもええことみたい。
ただの燃料やねん。
新聞の広告ちらしやろうが、哲学書やろうが、エッチなグラビアやろうが、一万円札の束やろうが、
火にくべるときにはみんなただの紙切れでしょ。
火の方は『おお、これはカントや』とか『これは読売新聞の夕刊か』とか『ええおっぱいしとるな』とか考えながら燃えているわけやないよね。
火にしてみたら、どれもただの紙切れに過ぎへん。
それとおんなじなんや。
大事な記憶も、それほど大事やない記憶も、ぜんぜん役に立たんような記憶も、みんな分け隔てなくただの燃料」

「そやから、マリちゃんもがんばって頭をひねって、いろんなことを思い出しなさい。お姉さんとのことを。
それがきっと大事な燃料になるから。あんた自身にとっても、それからたぶんお姉さんにとっても」

思い出の価値は、案外、未来に向けても高価なのかもしれません。
ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2011-02-20

壁 安部公房 新潮文庫

P1020808.jpg
なんともいえない不思議な小説です。
読みこなすには、大きな想像力が必要です。

第1部では、「S・カルマ氏の犯罪」。
主人公が「壁」になる話です。まず、登場人物の殆どが理解できません。

第2部は、また気が向いたら読むことにしました。


第1部を読んだきりですが、あまりオススメできる小説ではありません。
でも、どこかで見かけたら、読んでみてもいいかもしれません。
ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2011-01-02

赤蛙 島木健作 新潮文庫

P1020770.jpg

2011年あけましおめでとうございます。新年早々に風邪を引いて療養中です。
昨年は100冊の読書目標が達成できず、中途半端な76冊で終わってしまいました。
今年は、その倍の152冊を目標とさせていただきます。
フォトリーディングを活用して、達成にむけて励んでみます。

さて、今年の第1冊目の本を読みました。
タイトルは「赤蛙」。

流れのある川の片岸から向こう岸へ渡ろうと挑戦し続けて、最後は川に沈む蛙の話です。
この蛙の話、ただ単なる自然観察のような話なのですが、この光景を見ていた著者は大きな感動を覚えています。

赤蛙は、何度もその川のその岸から、向こう岸まで泳いで渡ろうとして、何度も失敗します。
失敗しても、失敗しても、同じルートをたどろうとするのです。他にもっと簡単な道があるのに。
それを気づかそうと、著者は蛙が通ろうとしている道に小石を投げたりして、蛙を驚かせても、頑なにその同じ道を通ろうとするのです。
まるで、他の道も知っているのに、厳しい急流のあるその道を通らなければ意味を成さないかのように。
たかが蛙という小動物なのに、その行動に強い意志と強い目的を感じざるを得ないのです。

著者は、赤蛙のこの行動を見て、そこに「生きる」という本能以外のものを感じます。
命がけの目的意志。いろんな表情。それは人間などの高等動物が見せるそれと同じです。
この赤蛙から、著者は大変な勇気をもらったようです。

残念ながら、風邪を引いている私には著者のような感受性は無かったようです。
この本を読んで著者ほど大きな感動はありませんでした。
しかし、1つ再確認したことがあります。
それは、「生きる」だけが人生ではない。それ以外の「生き甲斐」といったようなものが欠かせないのではないか。
「生き甲斐」とは、人生を掛けて達成すべき目的意志である。
この赤蛙もそれを持っていて、そのために死ぬことが出来たのだから、
赤蛙よりも脳が進化している人間は、もっと、「生き甲斐」を達成するために死ぬことは容易いはずだ。

つまり、本当に死ぬ気になれば何でもできるでしょう。
ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2010-12-26

KAGEROU 齋藤智裕 ポプラ社

P1020768.jpg

現代社会において、「生きている」こととは、どういうことなのか?
考えさせられる作品でした。

自殺をしようとしていた主人公が、人体移植を職業とする人間に助けれらる。
移植のために、自分の人体を買い取ってくれるという。その総額約2300万円ほど。
それに合意した主人公の体が全て他人に移植されるまでの話です。

主人公の社会的存在は消えるが、肉体は全て別の人間の一部として生き残るのだ。
脳みそから、生殖器まで。

この話を読んで思うのだ、「生きている」の定義とは何なのだろうか?

何にせよ、ありきたりの言葉だが命は粗末にできない。
ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2010-11-14

1Q84 村上春樹 新潮社

友人からの勧めで、久しぶりに長編小説に挑みました。
村上春樹さんを代表するベストセラー小説で、図書館予約の2ヶ月待ち。ようやく借りることができました。

それぞれにつらい過去を背負った、インストラクターの青豆と、小説家の卵の天吾の2人の物語が平行して進んでいきます。
最初は何の接点もない2人に思えましたが、次々と明らかになるお互いの接点。
そして、2人は共通の事件に巻き込まれていくようになります。

村上春樹さんの小説はいつもそうですが、最初は何気なく読み始められて、それがだんだん引き込まれ、最後は先が気になってガツガツと読んでしまいました。
まさに、言葉が奏でる芸術です。
ストーリーといい、文章といい、演出・脚本、垣間見るエロティックな描写。
全てにおいて洗礼されていて、完成度が高く、読者をとことん引き付ける。
「す・ば・ら・し・い」 の一言!

しかし、第一巻から500ページ超えの超長編のため、読んでいるだけで土日が終わってしまいました(笑)

まだ、読んでいないあなた!これは、読んでみる価値ありそうですよ。

続きを読む


ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2010-10-16

手紙屋 喜多川 泰 株式会社ディスカバー・トゥエンティーワン

就職活動中の大学生である主人公と、「手紙屋」である謎めいた男性との手紙のやり取りの中で、主人公が精神的・人間的に成長していく姿を描いた小説です。
誠実で、美しく、感動的な手紙の内容は、涙を誘うことでしょう。

特に、人生で大事なもの・仕事とは何なのか、といったことを考えさせられます。

もし、私がこの本を大学生の頃に読んでいたら、人生が変わっていたかもしれません。
なんて、少し大げさですかね。
でも、この本を読んで、将来の起業を夢みるようになりました。

でも、今の人生もたくさんの良き人々との出会いの中で進行中。楽しんでますよ。

続きを読む


ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
月別アーカイブ
プロフィール

ねくぷり

Author:ねくぷり
世界を舞台に面白いことができないか考えながら生きている自由人です。
趣味で読書を始めたのですが、読んだ内容を忘れてしまいそうなので、ネットにメモしています。
メモ帳代わりなので、読みづらい点などありますが、ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。