--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2014-04-13

眠りながら成功する - ジョセフ・マーフィー - 産能大学出版部

これはすごい!!
潜在意識の効力や使い方が、実例を元にわかりやすく書かれています。
ただ、大島淳一さんの役はわかりづらい・・・

要するに、
・なりたい自分の姿(ときに他人の姿も)をイメージして、言葉やビジョンで想像する、形にする。
・特に眠るときが効果的
・脳天気に肯定的にイメージし続ける
といった感じで潜在意識へ刷り込んでいくと成功へ繋がる。

眠りながら成功する

続きを読む

スポンサーサイト

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2014-04-13

ユダヤ人 大富豪の教え - 本田健 - 大和書房

幸せな金持ちになる方法が書かれた本。
下記の事を学べた。
・幸せになるには、好きなことをやることの大切さ
・起業家は不幸になる始まり
・感情のパワフルさは人生のコントロールを奪われるだけのもの。だから感情のコントロールが必要。

他にも様々なことが書かれている。
20歳の主人公が大富豪から教えを授かる小説のようなタッチ。
全体的に読んでいて面白い。

メモ「ユダヤ人 大富豪の教え」

続きを読む


ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2013-06-19

「読む・考える・書く」技術 牛堂登紀雄 ダイヤモンド社

「あなたのアウトプット力を飛躍させる50の方法」

この本を読んで、ブログでのアウトプットの重要性を再認識しました。

そして、ゆくゆくは自分の本を出版したいと思うのです。

最後の章が気に入ったので、一部抜粋します。

○成功体験がなければ作ればいいだけ

もし今の自分に、本にするほどの実績がないのなら、これから作ればいいのです。何か一つでも突き抜けた実績があれば、ほかのことも認めてもらえるようになります。
・・・
僕が言っていることは、ビジネス領域の原理原則、マネー領域の原理原則であり、突き詰めれば、今まで先人が言ってきたことと大差ありません。
それでも、こうして認めていただき、出版という機会を与えていただけるは、ダメサラリーマンから這い上がってきたという実績があるからだと思っています。
だから、今から努力すれば、誰にでもチャンスがある。あきらめる必要なんてありません。焦らず、5年10年というスパンでじっくり自分を磨けばいい。
その蓄積が、ビジネス書著者として長く書き続けられる、長く愛され続ける要素ではないか、と考えています。



私も、自分というダイヤの原石をもっと磨いてやらねば、ご先祖様、両親に申しわけないと思う。
"ダイヤ"というのはおこがましいようだが、せめてガラス球くらいにはなるはず。
際立つほど、つるつるのガラス球なら、その経験が認められ、出版も夢ではなくなると思う。
10年賭けてみよう。
ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2013-02-11

7つの習慣 第三の習慣「重要事項を優先する」-その4 スティーブン・R・コヴィー




さて、週単位のスケジュールを立てるときに必要なことは次のようになる。

1.役割を定義する

2.それぞれの役割に目標を設定する

3.スケジュール化する

4.日々の対応をする


重要なこと。

人に対しては効果性を考え、物に対しては能率を考えるべき。


マネジメントの秘訣も書いてあった。

効果的なマネジメントの鍵は、デレゲーションだということ。



さて、今回で第三の習慣は終了となる。

とにかく、目的意識を明確にし、目標を立てて、スケジュール化する。

そのときに重要なのは、重要度が高く、緊急度の低いタスクをいかに組み込めるかということ。

でも、私が思うに最も重要なのは、とにかく継続して習慣化していくことだ。

7つの習慣はまさに「習慣」にしなければ何の意味も無い。
ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2013-02-10

7つの習慣 第三の習慣「重要事項を優先する」-その3 スティーブン・R・コヴィー




重要事項を優先させるためには、

長期的に見て、重要なことをスケジュールに組み込むこと。


著者は、一週間単位のスケジュールを立てるのが望ましいといっていた。


そう、私は最近スケジュールに疎い。

スケジュールを立てても、思い通りに進まなくて、すぐに嫌になる。

結局、目的意識が低いことが起因して、それがマンネリ化して、結局はスケジュールは形だけ、

結果を何も伴わないこととなる。


そんな自分に愛想が尽きた。



今週から、守れるスケジュールをしっかり立ててすすめることを決意する。
ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2013-02-06

7つの習慣 第三の習慣「重要事項を優先する」-その2 スティーブン・R・コヴィー



E.M.グレーの著書「成功者の共通点」の中で、彼はこんな言葉を述べている。

「成功者たちの共通点は、成功していない人たちの嫌がることを実行するに移す習慣を身につけているということである。彼らにしてみても、必ずしも好きでそれを行っているわけではないが、自ら嫌いだという感情をその目的意識の強さに服従させているのだ」

「感情を目的意識に服従させる」ということらしい。

これができたら苦労しないといいたくなるのは堪える。



「感情」を「目的意識」に服従させるには、どうしたらよいのか?

「感情」 < 「目的意識」という大小関係になるようにする。

つまり、「感情」を押し殺して、「目的意識」を強化させるといことだろう。

「目的意識」を強く持つには、第二の習慣を用いることが重要だ。

方針、目的、未来、夢、願望を頭の中に強く思い描くこと。形にして分かるところにおいておくこと。



さて、以前やりたいことリストを作成した。

その中に私のやりたいことは一通り書いてあるが、それぞれの目的を追加してみようと思う。

また、最近の大雪により、雪に弱い自分の車が嫌になった。

SUV系の車に買い換えようと思う。まあ、これも一つの願望で、目的としては近年の異常気象でも軽快に走れる車を手に入れること。そして、天候にあまり左右されないで日常活動を送りたい。


いずれにしてもリストを更新するしかない。
ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2013-02-05

7つの習慣 第三の習慣「重要事項を優先する」-その1 スティーブン・R・コヴィー



開始から、2つの質問があった。

1.もし、常日頃から行っていれば、あなたの私生活の質も著しく向上させる活動がひとつあるとするなら、それは何だろうか?

2.同じように、あなたの仕事の業績または結果を著しく向上させる活動がひとつあるとするなら、それは何だろうか?


私の場合1の答えは「自分のやりたいことに時間を集中すること」だと思う。

そして、2の答えは「デザインパターンを応用して、自分のソフトを開発すること」かな。


第二の習慣は「知的創造」で、第三の習慣は「物的創造」。

つまり、第二で目指すものを決めて、第三でそれに向けてしっかりと行動をするということ。

そう、これまでの生活パターンを精査して優先順位を振り直す。

私が、一番得意とする習慣はこの第三の習慣かもしれない。

ただ、頭で考えた取り決めを、きちんと習慣化するまで継続させるのは、大きなパワーが必要となる。
ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2013-02-04

7つの習慣 第二の習慣「目的を持って始める」-その1 スティーブン・R・コヴィー



まさに、タイトルの通り「目的を持って始める」ことを習慣付ける必要がある。

そして、その目的とは、人生の最大の目的であるべき。

それを意識して、日常生活のさまざまな選択をしていくということだ。


この章を読んでいて、吐き気がした。

それは、自分の目的意識の低さにとことん嫌気が差したからだ。

口では、「目的を持ってやりなさい」ということは簡単だが、実際にはかなり難しい。

でも、自分は目的を持っていないと、糸の切れた凧のように風に飛ばされてしまう。




ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2013-01-26

7つの習慣 第一の習慣「主体性を発揮する」-その8 スティーブン・R・コヴィー



30日間の主体性のテスト。

1.自分自身と周りの人々の言葉を二日間聞く。反応的な言葉をどれくらい聞き取れるか?

2.近い将来、直面する反応的になる可能性の高いものを選ぶ。
 主体的に反応している自分の姿と行動をイメージする。

3.仕事や私生活の中で抱えている問題をひとつ選択する。その問題を解決するために自分の影響の輪の中でとれる具体的な行動を打ち出して、それを実行する。

4.主体性の三十日間テストを実行する。影響の輪の変化を意識してみる。



話は変わるが、私はもしかしたら、自己啓発依存症なのかもしれない。
http://celestie.blog23.fc2.com/blog-entry-634.html

自己啓発本を定期的に読むことで、精神的に落ち着きを取り戻す。安心する。慰められる。

だから、落ち込んだときほど、自己啓発本を読みふけり、ある意味現実逃避をしていたのかもしれない。



でも、それでもいい。

それでも、自己啓発本には、「ほんとうにいいこと」が書いてある。

同じようなことが繰り返されている場合も、確かに多い。

でも、自分の経験や考えを交えて、「いいこと」を考えて、自分の中に吸収していく。

時に、口先だけになりがちだが、それでも人にアドバイスできるときもある。

いろんな自己啓発本の「いいこと」をまぜこぜにした、自分自身のバイブルのようなものを確立できればいい気がする。


ただ、大事なこと、「かならず行動すること」を忘れなければ。それでいい。


ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2013-01-24

7つの習慣 第一の習慣「主体性を発揮する」-その7 スティーブン・R・コヴィー



「インサイド・アウト」。問題は自分の外にあると考えることが問題だ!


昨日、恋人に仕事を愚痴をもらしてしまった。

その内容は、あたかも自分の外に問題があるような口ぶりだった。

そうじゃないんだろうなぁ。

仕事がつらいと感じる一番の原因は、自分が仕事に対して反応的であるせいなんだろう。

上司が求めているものを、もっとしっかりと見つめなおして、

それをよりよい形で表現してあげれば、上司の信用は得られる。

同僚との関係も、もっとフレンドリーに話しかければ、解決する。


もっと他の仕事をしたければ、それに見合う実力を証明すること。

そして、仕事は自分で探してくればよい。



せっかく、知らない土地に来ているんだから、もっとその土地をエンジョイしなければ損だわ。
ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
月別アーカイブ
プロフィール

ねくぷり

Author:ねくぷり
世界を舞台に面白いことができないか考えながら生きている自由人です。
趣味で読書を始めたのですが、読んだ内容を忘れてしまいそうなので、ネットにメモしています。
メモ帳代わりなので、読みづらい点などありますが、ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。