FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2011-05-23

Facebook超入門 小川浩 青春出版

この本の要約
近年のFacebookの世の中での活躍。
Facebookの活用目的と有効な活用方法。

著者はFacebookを日本で広めたいという意図がビンビン伝わってくる本です。
そのFacebookがどれほど有効なものなのか,少しでも情報を得たくて読んでみました。

Fasebookの結論
匿名ではなく実名でWebに情報を載せることを想定している点と,知人の我が広がるといくつかの特典が用意されてている点。これらにより,人脈を広げるには大変有効そうなツールである。
特に海外での普及は目覚しい。(逆に日本での普及はまだ,100万人単位らしい・・・)
また,TwitterやBlogなどと連携したファンページというのを作れるらしく,自分の情報を一元管理できる点はよさそう。
作者の気持ちを差し引いても,使ってみる価値はありそうです。


さて,そういうことでFacebookを使ってみます。
感想は別の記事へ記載します。

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2011-05-22

自己プロデュース力 島田紳助 ヨシモトブックス

国民的に有名な芸能人である島田紳助さんの著書です。
彼はその卓越した話力と表現力によってのし上がってきた実力派の元お笑い芸人です。
やはり,そこにはまねできない才能のようなものがあると思いますが,
その努力の方法は参考になるはずと考えて,手に取りました。

この本から学んだ点
・方向性を明確にした努力が大切
 何でもいいから,ガムシャラにやればいいってものじゃない。

・物事を「心」で記憶する
 「頭」で記憶したことはすぐ忘れるが,「心」で記憶したことは一生忘れない。
 「心」で記憶するには,「感動」しなければならない。

・「ヘンな人」になる
 いろいろなものに興味を持って,ウロウロする。
 自分からいろんな人に話しかけるのが大事。 
 要は,たくさん「感動する」経験を瞑ってことでしょう。

最後の方の章で「君たちは10億の価値」とありました。
10円の価値になるか10億の価値になるか,それ以上の価値になるかは自分次第でしょう。
実は,私は島田紳助さんがあまり好きではありません。彼に10億の価値といわれても・・・

決断
この本も「頭」で覚えて->忘れていく知識にならないように,体を動かしてみようと思います。
・自分の方向性をもう一度整理しまとめる → ノートに書き出して整理します。
・何事にも「感じる」心のトレーニング → 感動を日記へ記そうと思います。
・もっと人に話しかける → 毎日誰かに話しかけることを心がけます。

続きを読む

関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2011-05-10

日経新聞の「本当の読み方」がわかる本 小宮山一慶 日経BP社

本の趣旨
日経新聞を「深く」読むことで、経済の動向を知識として見に付ける方法の紹介。
小宮山一慶氏の書籍は、とても理解し安いうえに、まいど結構役立ちます。

日経新聞を読むときに気を使いたいこと
・仮説を立てて読む
 頭を使って、将来の動向に仮説を立てる。
・数字やイベントなどを理解して読む
 さまざまな数字を過去の動向と見比べて,その時々のイベントと関連付け理解する。
・今日の新聞を読む
 過去の情報を読む時間の有効性を考えて、今日の新聞を読むのがよさそう。

日経新聞の一週間
•日曜日
 ◦市場アウトルック
 ◦その週の経済がどう動くかという見通しが書かれている
 ◦仮説を立てながら読む
•月曜日
 ◦勝負の日
 ◦その週の経済イベントの予定を頭に叩き込み、数字を確認する。
 ◦仮説をいくつか立てる
•火曜から金曜は日々のニュースに集中
 ◦読む記事の優先順位を決めておく
•土曜日
 ◦マーケットの動きのおさらい

続きを読む

関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2011-05-08

金持ち父さんの金持ちがますます金持ちになる理由 ロバート・キヨサキ 筑摩書房

先日読書した「パワー投資術」で、自分の資金に「仕事」を割り当てる必要性を学びました。
そのオーソドックスな「仕事」に不動産があります。
でも、不動産の相場は、価値のあるものを日本で探す場合、少なくもと1000万以上の資金が必要ではないでしょうか?
大幅に銀行から借り入れるとしても、それなりの元手が必要です。
その資金力は私にはまだない・・・それに良い不動産を探す術もないし・・・
などと考えながら、金持ち父さんシリーズの別の一冊を読んでみました。

この本で学んだこと
・お金は動かし続けることが理に適っている
・失敗はためになる
・「今すぐお金になる投資をどうやって見つけるか」と自分自身に問い続ける

そして一番大切なこと
・最善の策は「でっかく考える」こと


でも、正直なところモヤモヤしたものが残りました。
上記にも書きましたが、常に「良い投資はないか」と頭の隅で考えながら学び生活し続けるしかなさそうです。

続きを読む

関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2011-05-07

金持ち父さんのパワー投資術 ロバート・キヨサキ 筑摩書房

有名なロバート・キヨサワ氏の金持ち父さんシリーズの1冊です。

「パワー投資術」を物語風にわかりやすく解説しています。

金持ち父さんのホームページがありましたので,閲覧してみました。
http://www.richdad-jp.com/

この金持ち父さんシリーズで紹介もある「キャッシュフロー」というゲームがあります。

このゲームのファシリテーションビデオが無料配信されています。
それを見て驚きました。

ロバート氏は,「貧乏人の激減」を目指して,このゲームを作成し,この著書を出版したらしいのです。

その救われる動機と行動に感謝します。

パワー投資術は,私の少ない資金からは想像を絶するほどの理想的な投資方法だと思います。
資金が少ないのですから,はじめられることは少ないですが,時間は十分にあります。
その時間を使って,少しずつでもお金に仕事を与えていく方法を考えます。
一日も早くラットレースから抜け出すために。

続きを読む

関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2011-05-06

上杉鷹山の経営学 童門冬二  PHP研究所

上杉鷹山とは、江戸時代に米沢藩の財政を改革した藩主です。
今で言うところの名政治家でしょう。

アメリカのジョン.F.ケネディーが尊敬する日本人に名前をあげた人らしいです。
日本人でもあまり聞き慣れない名前だと思います。
江戸時代の一藩で、民のための愛の政治を行った人物です。
これは当時、日本では革新的な「民主主義」に近い政治だったのです。

鷹山は、若くして藩主になり、藩の無駄な支出をそぎ落として財政健全化を行いました。
さらに、士農工商の身分に関係なく、生産的な産業へとシフトして全ての労働力を生産に結び付けようとしました。

藩の左翼からは猛反発を食らったようですが、計画を断行し米沢藩を救ったのです。

この人の一番いいところは、世の中の何かを変えるには「まずは自分が変わらなければならない」という信念の元に政治を行った点だと思います。

私も、最近仕事や生活に少々いらだちを覚えていましたが、まずは、自分自身を変えなければよくならないのだと肝に銘じます。

続きを読む

関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
月別アーカイブ
プロフィール

ねくぷり

Author:ねくぷり
世界を舞台に面白いことができないか考えながら生きている自由人です。
趣味で読書を始めたのですが、読んだ内容を忘れてしまいそうなので、ネットにメモしています。
メモ帳代わりなので、読みづらい点などありますが、ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。