--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2012-09-30

「通貨」を知れば世界が読める 浜矩子 PHP




【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なぜ我々は「円高・円安」に一喜一憂しなくてはならないのか、そもそも「通貨」とは何なのか…そんな壮大なテーマを、人気エコノミストがわかりやすくも刺激的に説いていくのが本書。通貨の発祥から基軸通貨ドルの没落、ユーロの限界、そして「1ドル50円」時代を迎える日本の未来まで、知的好奇心を満たすのはもちろん、明日のビジネスにも必ず役立つ一冊。


【著者情報】(「BOOK」データベースより)
浜矩子(ハマノリコ)
1952年生まれ。一橋大学経済学部卒業。1975年三菱総合研究所入社以後、ロンドン駐在員事務所長兼駐在エコノミスト、経済調査部部長などを経て、2002年より同志社大学大学院ビジネス研究科教授。専攻はマクロ経済分析、国際経済(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)




私が生まれたときには、世界各国で国家公認の通貨が使われていた。
それが当たり前のことだと思っていたが、歴史を振り返ると、一国で共通の通貨を使うという時代は実は新しい。
19世紀以降の世界でまだ200年程度の歴史しかない。

そして、私の中では、"ドル"が世界の基軸通貨で、世界一強い通貨ということが常識だと思っていた。
さらに、その基軸通貨に対して、円高ドル安が続くと、日本の貿易が赤字となり、日本の経済が悪化する。
円高は悪だ!日本政府は円高を阻止しなければならない、と思い込んでいた。

この本を読んで、そんな間抜けな常識が覆りました。
1ドル50円時代は確実にやってきそうです。それは日本にとってマイナスになるとは限りません。
今、ドルがどんどん安くなっている一つの理由に、もともとドルはアメリカの力よりも大幅に高すぎる評価をされていたということがあるらしいのです。つまり、ドルは未だに高すぎるので、為替が段々と正常な値段に動いているということ。
相対的に円はまだ安すぎるということになりそうです。

1ドル50円時代の到来に、日本国民全体が備えなければならない。
成熟した超債権国の日本にとって、円高を容認し、それを国力に変えていく施策を考えねばなりません。
市場の大きな流れに抗うよりも、それを受け入れて、それに見合った施策を立てるのです。
それは私もうすうす感じていました。受け入れたくないければ、どうやっても円は高くなる運命だと。


著者の浜さんはさすがにこのあたりの答えをいくつか持ち合わせています。

G20の会合でドル安を容認する。つまり、基軸通貨から降ろす合意を取る。
ドル離れが進み、日本はかなりの部分で円建てで海外と貿易を行うようになる。
そうすれば、ドルの為替はもはや気にする必要はなくなるということだ。

なるほど面白い。私には、ドルを外すという発想はなかった。浜さんの他の著書も目を通したくなりました。


2012年の49冊目でした。
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2012-09-30

あふれるほどに 櫻木充 双葉文庫




【内容情報】(「BOOK」データベースより)
田所翔平は、十九歳の浪人生。朝、予備校に行く前に幼稚園に妹を送り届け、そこでアラサーのママ友と会話するのをひそかな楽しみにしている。そんな熟女好きの翔平が心惹かれているのが、幼稚園の職員で「窓辺の君」と呼んでいるスレンダー美女だ。だが、本当に憧れを抱いているのは、義母の真季子だった。オリジナル長編フェチック&熟女エロス。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
櫻木充(サクラギミツル)
東京都生まれ。1997年末にフランス書院文庫より『二人の女教師・教え子狩り』でデビュー。サラリーマン生活のかたわら執筆を続けていたが翌年退職、専業作家として活動を始める。裸身よりも下着姿に、全身よりも部位にこだわり、フェティシズムに満ちた官能シーンを追求する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



なるほど、官能小説というジャンルの小説でしょうか。

後半はちょっと暴走しすぎですか。でも、なかなか良くかけていて面白く読めました。
官能小説こそ、馬鹿馬鹿しくならないように文才が必要でしょうか。


ところで、242ページ目の2行目に、そこにいるはずのない「真季子」の名前が!?
どうやら、「雪絵」と書くべきところを、間違えた誤記のようです。

関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2012-09-30

クリアホルダー整理術 福島哲史 すばる舎




【内容情報】(「BOOK」データベースより)
文具マニアの著者が長年の経験と「必要」から生み出した驚異の整理術!こんな使い方あったんだ!の裏技満載。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
福島哲史(フクシマテツシ)
(株)オフィスヴォイス代表取締役。1984年慶応義塾大学文学部哲学科卒。講演、執筆、プロデュースを中心に、多くの企業ブレーン、学校講師として各界へ広く、様々な提言および、表現活動を行なっている。発想、情報創出、創造性、表現力、感性・集中力など能力開発、脳・聴覚・発声研究など、各界から高い評価を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



本末のおまけのようなページに、クリアホルダーを帽子、コップ、うちわの代わりに使うなどのアイデアが載っていました。

面白いとは思いますが、ちょっと強引ですね。
そこまで、クリアホルダーに頼ろうとは思いませんし、そんなにクリアホルダーを持ち合わせることはないでしょう。
関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2012-09-30

徹底攻略Oracle認定JavaプログラマSE6問題集 




Javaの問題集です。

引っ掛け問題のような問題も多く、読み始めると結構頭を痛めます。
私のJavaの理解は50%程度でしょうか。細かい文法のよい勉強になります。
関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2012-09-26

仕事は楽しいかね?(最終講義) ドーテン,デイル きこ書房



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
会社の宝になる働き方とは?「仕事は楽しいかね?」シリーズ完結編。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ドーテン,デイル(Dauten,Dale)
アリゾナ州立大学大学院(経済学)卒業後、スタンフォード大学大学院で学ぶ。1980年、マーケティング・リサーチ専門会社、リサーチ・リソーセスを起業し、マクドナルド、3M、P&G、コダックなど大手優良企業を顧客に持つ全米でもトップ・レベルの会社にまで成長させる。1991年、新聞に執筆したコラムが好評を博し、執筆活動を開始。現在米国を代表する人気コラムニスト。氏が執筆するコラムは、100社以上の新聞社に配信され、毎週1000万人以上に愛読されている



あなたは何を学んだか?

「仕事は楽しいかね?」のシリーズ完結編。

これまで、このシリーズを熟読すると、仕事に対する考え方が変わり、仕事に対してワクワクしている自分を見つけることができます。本当に、読んでいて気持ちのいい本です。私のおススメ本のベスト5には必ず入ります。
では、どういうところに惹かれるかというと、完結編でなくとも出てきた文言になりますが以下です。

・好奇心こそが、無敵の強みなんだ。
人間は年を取っていくといつの間にか好奇心を失って、大幅なところで現状満足をしだす。特に、ある程度社会的に安定している人ほどこの傾向は顕著だと思う。でも、「好奇心」は無敵の強みなんですね。本当に、いくつになっても強い好奇心を持ち続けることが大切なんです。肝に銘じたい。

・試してみることに失敗はない
「好奇心こそが、無敵の強みなんだ。」に関連しますが、試してみることに失敗はありません。「好奇心」があるから「試してみる」気になるのかもしれません。世の中には、多くの「試してみる」に値することがあります。つい、「失敗したらどうしよう・・・」なんて考えてしまいがちですが、「試しにやってみる」という軽い乗りであったら、失敗なんてありません。常日頃から心がけたいですね。

・遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る仲間になるんだ。
「試してみる」に通じるところですが、「遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る仲間になる」っていいですね。「遊び感覚」でいろいろやってみることがまず重要。その上で、その成り行きをみんなで見守る。結果、どうなるか分かりませんが、仲間どうしてでわいわいと結果を待つのも悪くありません。楽しいでしょう。

・誰かが『完璧だ』と言うやいなや、頭脳の働きはシャットダウンされてしまうんだ。
「完璧だ」は頭脳の働きを鈍くする。気をつけなければなりません。つい力を入れて取り組んだ内容は、「完璧だ」と思って納得しようとしてしまいます。しかし、「完璧」なぞありません。常に、よりよいアイデアはないか、「好奇心」も持ちつつ考え続けねばなりません。というか、そうするのが楽しいでしょう。

・大事なのは、きみが頭脳を成長させ続けることなんだ。
「アイデアを考え続ける」ことにより、頭脳を成長させることにつながると思います。あっちから出てきたアイデアとこっちから出てきたアイデアを融合し、これまでにない組み合わせの新しいアイデアを作り出す。そういう心がけで日々を生きていたら、もっともっと楽しくなってくるでしょうね。頭脳はいつもフレッシュで成長し続けて生きたいものです。

・仕事に情熱を注ぐ人が成功を手にしやすいのは、情熱がアイデアを引き付ける磁石だからだ。
私の好きな言葉です。「情熱がアイデアを引き付ける磁石」。だからこそ、情熱を持って毎日を生きていかねばなりません。そういう気持ちで仕事にプライベートに過ごしていくのです。「情熱とアイデア」があれば無敵の存在となるでしょう。そうすれば、ゆくとこ敵なしです。

・ぜひまた一緒に働きたいと思える人を一人、思い浮かべてください。
こう思える人物は、私の中に2人います。二人とも情熱を持ち、話が上手で、アイデアを懐に蓄えていました。私も、一人でも多くの同僚にこう思われる存在に成長していきたい。
関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2012-09-25

1984年 ジョージ・オーウェル 早川書房



名作と呼ばれている。
とりあえず、読み始めた。

テレスクリーンと思想警察とやらが出てきたが、ストーリーが難しい上、翻訳が古風。
その上、大変豊富な語彙で書かれていて、疲れた頭では創造力と読解力が追いつきませんでした。

リフレッシュして、明日からまた読み続けます。

訳者は新庄哲夫さん。もう亡くなっている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%BA%84%E5%93%B2%E5%A4%AB
やはり、「1984年」はベストセラーだったようだ。

読書意欲が沸いてくる。
関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2012-09-24

竜馬がゆく 司馬遼太郎 文春文庫



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「薩長連合、大政奉還、あれァ、ぜんぶ竜馬一人がやったことさ」と、勝海舟はいった。坂本竜馬は幕末維新史上の奇蹟といわれる。かれは土佐の郷士の次男坊にすぎず、しかも浪人の身でありながらこの大動乱期に卓抜した仕事をなしえた。竜馬の劇的な生涯を中心に、同じ時代をひたむきに生きた若者たちを描く長篇小説。



この巻は、竜馬の旅立ちから、黒船来航、安政諸流試合という剣試合で竜馬が桂小五郎に勝つまでの物語。

特に途中、竜馬の初体験が載っているが、どうやって司馬遼太郎は竜馬の初体験の相手や時期を知ったのか?
それが最大の謎。それとも、いい加減なことを書いたのか? (大分くだらない疑問ですね。。。)

この巻では竜馬は22歳程度まで。まだ、尊王攘夷の考えでいる。
これから偉大なことをやろうという兆しが、まだほとんどない。
そう思うと、2巻以降が気になる。

関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2012-09-24

ご当地バカ百景 谷口一刀 宝島社



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
衝撃の真実から大ボラ&妄想まで、47都道府県のウワサが大集合!知らなきゃ笑われる!知られても笑われる!?あなたの県の常識、ちょっとヘンかも…。



北海道の人は、冬場は室内では薄手の服しか着ないらしい。その上にコートを羽織って出かける。
セーターはマイナーな部類らしい。

沖縄の人は、風呂というと水風呂を指すらしい。

まあ、知っていれば、なかなか面白い情報なのだけれど、タイトルにもあるようにその程度と思えてしまう。
関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2012-09-16

円はなぜ強いのか 榊原英資 東洋経済新報社



メディアを見ていても、世間を見ていても、最近の日本の低迷ぶりはどうしようもないと思いがちです。

この本を読んで見方が180度変わりました。


日本は、世界一豊かで、平和で、住みやすい国なのです。

そういう日本に、われわれはもう少し誇りを持ってもいいのではないでしょうか?

政治家は、いつも改革、改革と唱え。国民やメディアは、改革を常に期待する。

でも、現状にもう少し満足しても良いのでは?

かといって、競争を止めて、「心の豊かさ」という実態の伴わないいい加減な言葉に惑わされるわけには行きませんが。



歴史から学び、理論から未来を予測する。

この本、面白くて貪り読んでしまいました。


特に、将来の個人平均のGDPが、韓国が日本の1.3倍程度まで成長することなんて、予想もできませんでした。

私も韓国人に対してはライバル心が多少あるため、ちょっとショックを受けました。


過去を振り返ると、日本の江戸時代の文化・経済・社会が世界でも有数の先進文化だったという事実。

これには驚かされました。日本は明治維新のときに「文明開化」というほど、西洋に遅れを取っていたから、追いつこうと必死になったといわれていました。

私もそれを信じていました。

でも実際にはそんな事実はなく、遅れていたの軍事力だったという話です。


今、メディアでも江戸時代の生活が見直されていますが、私も江戸時代ファンになりそうです。


でも、低レベルなマスメディア、選挙のことで頭がいっぱいな低次元の政治家達、こういった人々の話ばかり聞いていると、だんだんと知らぬ間に洗脳されていくのかもしれません。

もっと広く、そして真実を見極める"目"を持つためにはも、いろんな著者の本を読まねばと思わせる本でした。


以下、メモです。

○本
 「西洋の没落」
 1918年
 オスヴァルト・シュペングラー

 「チャイナ・アズ・ナンバーワン」
 関志雄
 http://www.rieti.go.jp/users/kan-si-yu/index.html
 2009年
 東洋経済新報社

○ヨーロッパ危機で西洋の没落が始まった
 ギリシャは緊縮財政を強化し、民間債務を70%以上削減する目標
 イギリスがユーロ圏参加に消極的なのも、財政主権を制約されることがプラスにならないとの判断
 国家破綻、負債を全額背負う必要はなくなる。ギリシャ国民にとってはベター
 PPP、購買力平価を考慮するとインドのGDPは日本以上

○リオリエント
 一人当たりのGDPは日本はナンバー6。2050年にはロシア、ブラジル、韓国にも向かれる。
 
○為替レートから読むグローバル経済
 東アジアでは市場主導、企業主導の市場統合が進んで少なくとも貿易構造と直接投資から見ると、その統合のレベルはNAFTAやEUに比べても遜色ないもの。

○日本経済に起きている構造変化
 「1940年体制」と呼んだ「戦時経済」は、戦後長きにわたって、日本経済の基本的フレームワークとして定着していった。(中央集権的財政システム、社会保障制度、自作農中心の農業生産)

○自虐的な日本悲観論
 もう4,5%の成長は望めないが、成熟社会としての日本は極めて先進的で世界のトップを走っている。
 悲観論を脱して客観的に見れば、日本は極めて豊かな住みやすい国なのでは。
 江戸時代の農村、村落は飢饉などの天災にあった時期はともかく、大変豊かでもあった。
 渡辺京二「逝きし世の面影」
 庶民が豊かなばかりでなく、富が権力者に集中せず、経済や日常生活という点ではかなり平等な社会だった。
 明治維新とは鎖国から開国への転換、そして「平和国家」から軍事国家への変身。


関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2012-09-15

人生の目的が見つかる魔法の杖 西田文郎 現代書林




著者は、人生における「目的」を持つことの重要性を説いています。

当たり前ですが、「目的」は重要です。

でも、著者は少し矛盾するようなことも言っています。

「目的」は考えても見つからない。「感じるもの」だと。

正直、そういわれると新興宗教のお決まり文句のように感じられ、なんとも疑わしい。


ただ、著者の言葉の中で、特に共感できるものもありました。
『目的のない人間ほど、努力という言葉が好きである』

この言葉は、「はっ」とさせられます。

私も、ちょっと頑張りが足りないと思ったり、頑張っている自分に対して、「努力が足りん」とか、「努力してるな~よしよし」とか思っている。

そんな時、目的と手段が逆さになって、手段で満足してしまっている自分がいます。

本当にかなえたい、きっちりした目的があれば、努力してるつもりなんてなくても、自然とそれに向かって励んでるってことでしょう。

それは、そのとおりだと思います。


以下、メモです。

目的のない人間ほど、努力という言葉が好きである
あなたがまだ結婚していなければ、まず「いい女」を探せ。
あなたがすでに結婚していたら、もっと簡単である。奥さんに花を買って帰れ
人生とは、生きるものであると同時に、何かのために使うものである
自分の人生に意味が見つからないから、淋しいのではない。淋しいから、人生に意味がなくなるのである。
目的と目標は天と地ほども大きな違いがある
仕事がつまらないのは、楽しまなければいけないと思うからである
目的とは、何を最高の価値として生きるかの問題である
家というのは目標。
目的は「家族の幸せ」
「あなたにとって最高のもの、一番大切なものは何ですか?
社会動物である人間は、他人を幸せにする幸せを知っている
もし明日世界が滅びるとしたら、今日のあなたは何をするのか?
三流の成功者は優越感を味わい、真の成功者は幸福感を味わう
「自分以外を喜ばせる幸せ」のための努力は、努力すればするほど、「これでよい」という自信がわいてくる。より大きな自信と勇気が生まれる

関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
月別アーカイブ
プロフィール

ねくぷり

Author:ねくぷり
世界を舞台に面白いことができないか考えながら生きている自由人です。
趣味で読書を始めたのですが、読んだ内容を忘れてしまいそうなので、ネットにメモしています。
メモ帳代わりなので、読みづらい点などありますが、ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。