FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2012-08-31

感動をつくる―ディズニーで最高のリーダーが育つ10の法則 リー・コッカレル ダイヤモンド社




だれでもリーダーになれる。

どんな企業でも、リーダーが従業員に敬意をもって接し、共通の目的のもとに全員をまとめあげることができれば、こうした献身や行動を期待することができる。
ジャドソンは、好業績を維持するには、何度も何度も来たい、家族や友人にも勧めたいと思うような素晴らしい経験をゲストに提供するのがカギだ、と直感的に理解した。

ゲストの満足度がもっとも高いとされた部門のリーダーは、部下の話をよく聞く、部下をよく指導する、部下の努力を認める、部下に決定権を与えるといった点で評価が高いことが調査の結果分かったのだ。

総料理長はわたしが生まれた頃からその地位にあった人だ。わたしが傲慢で、彼に敬意を払うのを忘れてしまったために、彼はうんざりして、わたしを厨房に入れてくれなくなった。この経験から、仕事は結婚によく似ていることを学んだ。互いに尊敬し、信頼しあっていなければ、衝突や意見の違いを解決することができないと、プリシラは繰り返しわたしに教えてくれたのだ。

だれもが自分は特別だと感じたい、敬意をもって接してもらいたい、自分を認めてもらいたいという要求を持っていることを知った。

■真の包容力
テキスタイル・サービス部門の改革は、もっとも重要なリーダーシップの法則の基本を示している。それは包容力である。

■一人ひとりが重要であり、それを一人ひとりに知ってもらう
企業のリーダーは両親のようなものである。従業員を喜ばせるだけでなく、彼らが力を発揮できるような環境をつくるのが仕事だ。

■経歴ではなく、才能で選ぶ

■あなたよりも賢く、有能な人を選ぶ
あなたがどれほど賢く有能でも、少なくともある部分では、あなたよりすぐれた人がいるはずだ。自分に自信がないリーダーはそういう人を避けようとするが、すぐれたリーダーは、そういう人を見つけ出そうとする。

■仕事だけでなく、目的を与えよう
オーランドがまだ活気がなかった頃、ウォルト・ディズニーはカリフォルニア州アナハイムにあるテーマパークの若いリーダーたちに向けてこう書いた。「ここディズニーランドで、わたしたちは世界の人々と出会うことになります。みなさん一人ひとりが、(そして、もちろんわたしも)会社を代表して行動することになります」。それ以降、この目的意識は世界最大のリゾートで働く一人ひとりの胸に刻み込まれるようになった。

■つねにコミュニケーションをとる
 週刊新聞/勤務前ミーティング/掲示板/ワン・オン・ワン

つねに次のような自問をして、満足のいく答えができるかどうかを考えてほしい。
(以下省略形)
・あなたのために働く人は、目的意識を持っているか?
・従業員一人ひとりが組織のビジョンや目的を説明できるか?
・従業員は学ぶ機会を簡単に得ることができるか?
・あなたがリーダーになってから、何人の人が成長し、昇進したか?
・社員が受けられる講座、コース、セミナーがどれくらいあるか?あなた自身が講師を務めるものはいくつあるか?
・社内や社外の専門家が従業員に知識を与えてぐさる機会はどのくらいあるか?
・顧客や従業員の満足度を調査した結果はどうか?
・調査結果はつねに改善しているか、あるいは悪化しているか?
・仕事ぶりをどのように測っているか?


整理整頓のための手順を定期的に見直そう
・毎朝、5分から30分かけてその日の計画を練る
・そのとき、その日、やらなければならないこと、やりはじめるべきことをリストにする
・リストをつくりながら次のような質問を自分にしてみよう
 a 一生のうちに果たさなければならない責任のうち、きょうやるべきことはなにか
 b 一年後、5年後、10年後、20年後、40年後のために、きょうやり始めるべきことはなにか
 c きのうやったことのうち、きょうさらにうまくやり直すべきことはあるか

すぐれたリーダーはつねに学ぶことを厭わない。彼らにとって、真実は金よりも価値があるものだ。真実をより多く知れば、より成功する確率が高くなることを知っているからである。

■あなたの価値観を教える
あなたがなにを大切にしているかを従業員に理解してもらい、同じ規範に従ってもらうようにしよう。


変化を起こすのを先送りする理由はない。すぐに始めなければならない。あすでもなく、きょうでもなく、きのう始めよう。時間は飛ぶように過ぎていくから、一秒でも無駄にしてはいけない。あなたはリーダーとして多くの難しい選択をしなければならず、それがすでに始まっているのだ。

妻プリシアの言葉を思い出して欲しい。「言葉と言動に気をつけて。みんながあなたを見ているのよ。」あなたを有能なプロとして信頼し、すぐれた人格者として尊敬できなければ、人々はあなたについてはこない。人々の信頼と尊敬を勝ち得ることができれば、あなたの職場にも、キャリアにも、人生にも、魔法を起こすことができるだろう。


ディズニーランドのフランス支店を作った偉人のストーリーです。
ごもっともだけれど、何かあまりしっくりきませんでした。
そもそもに私は今リーダーを目指しいてるという立場でないからでしょうか?
とりようによっては、誰もが自分自身の人生のリーダーなんでしょうがね。

でも、何はともあれ、先送りはできなそうです。
「あすでもなく、きょうでもなく、きのう始めよう」
はい、申し訳ありません。。。
関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ
プロフィール

ねくぷり

Author:ねくぷり
世界を舞台に面白いことができないか考えながら生きている自由人です。
趣味で読書を始めたのですが、読んだ内容を忘れてしまいそうなので、ネットにメモしています。
メモ帳代わりなので、読みづらい点などありますが、ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。