FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2012-09-15

ウィキペディア革命―そこで何が起きているのか? ピエール アスリーヌ 岩波書店



難しい本でした。

Wikipediaがもはや世の中に当たり前の存在になっていること。

アラシ対策に、さまざまな工夫が施されていること。

それでも、記事がふえ、比例してアラシも増えていること。

今後、更に膨大な情報量になった場合、どこまで管理できるか懸念が強いこと。

そして、Wikipediaが普及し便利になった代償があること。

その代償とは、百科事典が売れなくなったこと。


以下メモです。


  • 創設者
    • ジミー・ウェールズ
  • 語源
    • 百科事典
      • encyclopedie
      • 教育学
        • pedagogie
      • サークル
        • cercle
    • Wikipedia
      • ハワイ語 ウィキ
        • Wiki
        • 波乗り
  • 「知識を得るのはファーストフードを食べるのとは違う
  • 知識の習得には時間、考察そして噛み砕くことが重要なのです。」
  • ソクラテス風の姿勢
    • メルゾーの発言
  • 情報を集め、個人的な考察を組み上げる方法

関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ
プロフィール

ねくぷり

Author:ねくぷり
世界を舞台に面白いことができないか考えながら生きている自由人です。
趣味で読書を始めたのですが、読んだ内容を忘れてしまいそうなので、ネットにメモしています。
メモ帳代わりなので、読みづらい点などありますが、ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。