--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2013-06-19

「読む・考える・書く」技術 牛堂登紀雄 ダイヤモンド社

「あなたのアウトプット力を飛躍させる50の方法」

この本を読んで、ブログでのアウトプットの重要性を再認識しました。

そして、ゆくゆくは自分の本を出版したいと思うのです。

最後の章が気に入ったので、一部抜粋します。

○成功体験がなければ作ればいいだけ

もし今の自分に、本にするほどの実績がないのなら、これから作ればいいのです。何か一つでも突き抜けた実績があれば、ほかのことも認めてもらえるようになります。
・・・
僕が言っていることは、ビジネス領域の原理原則、マネー領域の原理原則であり、突き詰めれば、今まで先人が言ってきたことと大差ありません。
それでも、こうして認めていただき、出版という機会を与えていただけるは、ダメサラリーマンから這い上がってきたという実績があるからだと思っています。
だから、今から努力すれば、誰にでもチャンスがある。あきらめる必要なんてありません。焦らず、5年10年というスパンでじっくり自分を磨けばいい。
その蓄積が、ビジネス書著者として長く書き続けられる、長く愛され続ける要素ではないか、と考えています。



私も、自分というダイヤの原石をもっと磨いてやらねば、ご先祖様、両親に申しわけないと思う。
"ダイヤ"というのはおこがましいようだが、せめてガラス球くらいにはなるはず。
際立つほど、つるつるのガラス球なら、その経験が認められ、出版も夢ではなくなると思う。
10年賭けてみよう。
関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ
プロフィール

ねくぷり

Author:ねくぷり
世界を舞台に面白いことができないか考えながら生きている自由人です。
趣味で読書を始めたのですが、読んだ内容を忘れてしまいそうなので、ネットにメモしています。
メモ帳代わりなので、読みづらい点などありますが、ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。