FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2011-03-13

大人の教科書「道徳」の時間 青春出版

武家や商家の家訓、藩校や寺子屋の教科書、儒学者による子育て書などから、現在でも通用する道徳的な教訓を集めた本です。

共感できる教訓がたくさんありましたが、その中から「倹約」について触れます。

あなたは誰のために倹約をしますか?
この質問に対して、大抵は「自分のため」、「家族のため」といった答えをするでしょう。
でも、とってもかっこいい答えがこの本にありました。
それは「世界のため」もしくは「地球のため」です。
この限られた地球の資源を使い果たさないように、倹約を行うのだ。

歴史的な東日本地震により、被災地では多くの物資が不足しているという情報を聞く。
「電気の供給が間に合わなくなるから、節電して欲しい」と国が国民にうったえている。
こんな緊急事態だらか当然、一人一人の倹約が大切になってきます。

でも、緊急事態でなくとも、豊かな国に住む我々はもっと倹約をするべきではないでしょうか。
  • 誠実
    • 阿呆といわれても良い、律儀にせよ

      姿勢が正しくなければ影はゆがまない

      己を責めて、人を責めるな

      隠し事があとでばれるのはみっともない。

      腹をくくって、その場は堂々と恥をかくようにしよう。

      人間、潔いのが一番だ。

      正直な人のそばにいよ

      自分に自信がない人ほど、目上におべっかを使って保身を図るもの

      「陰徳」とは、人に気づかれないように、ひそかに行う善行のことである

      陰徳を積むこと

  • 仁徳
    • 仕事をする覚悟は十分にあるが、結果がでない者もいる。

      そうした者にも気をかけるべきだ。

      施して報いを願わず、受けて恩を忘れず

      一つの善があれば、一つのあやまちは許せ

      己に薄くして、人に厚くすること

  • 節度
    • 身分や地位よりも控えめに保て
    • 身に応じていないことは一言も言うな
    • 愚痴は言うな
    • 些細なことも侮らず、行動を慎め
    • 度を越して愛したら、必ずだめになる
    •  
  • 行儀
    • 礼儀を知らない者は、けだものと同じだ
    • 誰に対しても、少しも無作法なことをしてはならない。弱い者にはさらに丁寧にせよ
    • 酒は三杯までにせよ
    • 少ないのを十分なのだと思え
    • 足るを知る
      • 置かれた境遇とは関係なく、過剰な欲を持たないこと
      •  
    • 奢れる者、必ず久しからず
    • 吝嗇(りんしょく、意味はけち)ではなく、質素に暮らせ
    • 「良い家というのは、慎みある暮らしぶりの家のことを言う。調子に乗った奢った暮らしをすると、良い家とは言われない。衣食住を倹約しなさい」
    • 富を得ても、貧しい時のことを忘れないこと
    •  
  • 修養
    • 知恵のある者は惑わない
    • 学問とは良い人になるための稽古
    • 何事も、コツコツやるのが一番。一見、カメのように歩みは遅くても、ふと気づいたら、自分でも驚くほど前進しているはずだ
    • はじめ上手なものではないぞ すべて堪忍
    • 自分をほかの者よりも優れていると思うな
    • 恥を捨てて人に習うのが、上手になる秘訣だ
  • 覚悟
    • なせばなる なさねばならぬ何事も なさぬは人のなさぬなりけり

      苦は楽しみの種、楽は苦の種と知るべし

      何事についても、人より優れていたいと心がけなくては、人並みのことすらできない。

      何事も精を入れて取り組むことが大事である。

      目の前にある小さなことに対して誠実に接し、一つひとつ着実にものにしていく。

      志を立てることがすべてのことの源である

      志を立てて、その実現に向けて生涯かけて努力する。

      人の人生は重き荷を負うて遠き路を行くが如し

  • 人間関係
    • 人とは平等に接するようにせよ
    • 遊び友達ではなく、頼りになる友人を作れ
  • 商売
    • 儲けられる金の三分は人に儲けさせよ
    • 朝はどのようにしても早く起きろ
    •  
  • 労働
    • 仲のよくない者とも心を合わせて勤めに励め
    • 主君が正しくない行いをしたら、家臣は必ず正しくいさめなければならない
  • 世界のために三つを二つにして住むようにするのが倹約だ
    • 倹約を心がけるのは決して自分のためではない、と人に言われたらどのように思うだろうか?
    • 自分のためではなく、地球のために無駄遣いはしない。
    • 世界を動かす大物気分で倹約を心がけよう
関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ
プロフィール

ねくぷり

Author:ねくぷり
世界を舞台に面白いことができないか考えながら生きている自由人です。
趣味で読書を始めたのですが、読んだ内容を忘れてしまいそうなので、ネットにメモしています。
メモ帳代わりなので、読みづらい点などありますが、ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。