FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2011-04-19

贖罪 酒井法子 朝日新聞出版

メッセージ
酒井法子さんが保釈されてから、書き上げた本です。
著者はこの本に次のようなメッセージを込めています。

「拭えない記憶であるならば、せめて真実を知ってもらいたい・・・」
「この本の内容がほんの少しでも、誰かにとって、何らかの役に立つことがあれはいいなと・・・」

アイドルを演じる
酒井法子と言えば、「のりピー」の愛称で親しまれたが、
そのイメージは、きゃぴきゃぴとした元気のいい女の子でした。
それは、中学時代の本人の「延長」だったとか。
当時のテンションをキープしていれば、のりピーを「演じる」のは難しくなかったと語っています。

分かっていたことだが、やはりアイドルは「演じられる」ものなのだ。
多少アイドル好きな時代もあったため、こうはっきりと言われるとむなしい気持ちになります。
しかし、それが真実でしょう。

頑張り過ぎたママ
覚醒剤に手をのばす前に、周知のように家庭がうまくいっていなかったようです。
その一つの原因に、家事に仕事に育児に・・・頑張りすぎたママがいるようです。
「本当はあんなに頑張らなくてもよかったのかもしれません。力をぬけば、楽に乗り切れたのかもしれない。でも、わたしは頑張りすぎて、すこし疲れてしまって、いろんなパランスが少しずつ、ほんの少しずつだけど、崩れていった。仕事のバランスも、彼とのバランスも、生活を支えていくバランスも。
 精一杯に仕事して、精一杯に恋愛もして、精一杯に自分の生活を営もうとした。一生懸命に相手の人を愛して、自分もたくさん愛してもらった。でも、何か違う。そう思ってしまった。一生懸命に向き合いすぎて、一生懸命に突っ走ったけど、付いていけなくなっちゃった。そう彼とも話し合って、とても納得した上で、別々の道を歩いてゆくことに決めた。」

カップルと夫婦の違い
全く異なる背景を持った人間同士は、お互いの知らないことや触ったことのないものを、お互いに有していたため、それが魅力的でカップルとして成り立つ。
しかし、夫婦や家族の生活を維持するには、それだけでは成り立たない。
行き着くところまでたどり着くと、タイプが異なることが逆に負担に感じることもある。
酒井法子さんが旦那にこういった感情を抱いていたようです。
好きなだけ、魅力的なだけでは夫婦は続かないという点には、すごく同意できます。

今後の人生
最後のほうで、今後の抱負を語っていました。
「ただ、一つだけはっきりしていることがある。人の喜ぶこと、人のためになることを、今後の人生にも見出したい。それをひとつの目標に掲げたいと思っている。」



著者には、おなかを痛めた子供がいます。
この本に書いてある内容だけでも、著者は何度か自殺を考えています。
それを救ったのは、最終的にお子さんだったと思います。
大人は子供を守るためにいますが、子供も案外大人を守ってくれているのかもしれません。
「子供は宝」ですね。


関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ
プロフィール

ねくぷり

Author:ねくぷり
世界を舞台に面白いことができないか考えながら生きている自由人です。
趣味で読書を始めたのですが、読んだ内容を忘れてしまいそうなので、ネットにメモしています。
メモ帳代わりなので、読みづらい点などありますが、ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。