FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!
2011-04-23

巧みな質問ができる人できない人 中島孝志 三笠書房

メッセージ
質問力を磨くためには近道はなさそうです。
私の理解では、必須の要素は大きく2点だけに絞られそうです。
・その分野に関する豊富な知識
・好奇心の赴くままに訊く


お気に入り
ありきたりですが、2点メモしておきます。
・西欧諸国の考え方である「ディベート」は「ゲーム」を取り入れる
・アメリカの底辺教育でもおなじみのスピーチの冒頭に「ツカミ」を入れる


巧みなスピーチが出来る人は、巧みな質問ができる。
逆も可でしょうか。
とにかく知識、練習、準備が必要でしょうね。


  • 入り
    • 質問は恐ろしい。
    • なぜなら、たった1つの質問で、その人の「レベル」がずばり分かってしまうからだ
    • 「天国と宇宙はどちらが遠いか」なんて質問に、あなたならどう答える?
    •  
  • 質問力のポイント中のポイント
    • ①相手の質問に真摯に答えていること
    •   ②相手のレベルに立って答えてていること
    • ③とくに相手の理解度を確認しながら、話を進めていること
    • 「質問力」
      • 2人以上の人間によるコミュニケーション
  • 質問をするとき、あなたの脳細胞はフル回転している
    • 子供は「質問魔」
  • 「質問しよう」という行動の出発点は好奇心
  • 好奇心こそ、質問力のエネルギー
  • 講演会の講師への質問
    • 講師としては、「いったい何が彼の(彼女の)好奇心を刺激したのだろう」と、こちらも好奇心をもって勉強できる。これが愉しい。
    •  
  • 巧みな質問をするにはインプットが重要
    • インプットが10~100倍くらいあるからこそ、いいアウトプットができる
  • 周囲からブーイングされても、納得するまで訊く外国人
    • 日本人はこの姿勢を見習うべき
  • アメリカでは、子供の頃から株とスピーチについてはきちんと授業でおしえる
    • スピーチが聴衆の頭と心にきちんと伝わるように、必ず前ぶりとしてジョークを披露するようにしつけられる
  • 「徹子の部屋」
    • 黒柳さんが心から愉しんでいるときは、視聴者にとって思いがけない質問が次から次へと飛び出してくる。
    • そうでもないときもある。
  • 「好奇心の赴くままに訊く」というのが質問力の原則
  • 自分自身に対して質問する「もう一人の自分」を持て!
  • 成功するには
    • まずは「御用聞き」「便利屋」に徹しろ
    • 女は愛嬌、男も愛嬌
      • 松下幸之助
    • 2種類のトップ営業マン
      • 「教え好き」の営業マン
        • 積極的で話し好き
      • 「教わり好き」の営業マン
        • 好奇心旺盛
        • 研究熱心
        • 勉強熱心
        • 話し上手でなく、聞き上手である
  • 人間関係をスムーズにするため
    • 心配りのベースにあるものは愛情。決して心の余裕ではない。
    • 相手が「よくぞ訊いてくれた」と興に乗ったときの喜び
    • 電話のときの「復唱していただけますか?」は失礼でない
    • 議論はゲームだ
    • 会議をもっと活性化させる3つの条件
      • ①地位の高い人間が主導権を握らないこと
      • ②会議の目的を明確にすること
      • ③必ず結論を出すこと
        • which
        • who
        • where
        • whom
        • when
          • スタート
          • ゴール
        • how
          • どうやるのか
  • 迷いを断ち、人生を切り拓くため
    • 答えようがない問いを出されたら、その人の真意を探れ!
      •  
    • 逆境の中にあって自分で自分を励ます能力
    • 人生はどんな人物と出会い、師事するかで、将来が開けもすれば閉じもする。だから、人物眼をしっかり持っていないと手痛い失敗をする
    • 貧しいからといって恥じる必要はない。恥ずべきは、貧しくて志がないことである。
    • 地位が低いからといって、卑下する必要はない。卑下すべきは、地位が低くて、能力のないことである。
    • 年老いたからといって嘆く必要はない。嘆くべきは、年老いて目的もなく生きていることである。
    • 死を迎えるからといって、悲しむ必要はない。悲しむべきは、死んだ後に、この世に役立つものを残さないことである。
    • キリスト
      • 「貧しいものは幸いである」
    •  
  • マネジメント
    • 質問力を鍛え上げるには、本物のエッセンスを体得すべき
    • 腹の底から納得した人間は目がキラキラと輝き、行動が生き生きとしてくる。今までの人間ではないような感じさえ受ける。
関連記事

ブログランキングに始めました。読んでくださった方、ポチっとクリックお願いします。
blogramランキング参加中!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ
プロフィール

ねくぷり

Author:ねくぷり
世界を舞台に面白いことができないか考えながら生きている自由人です。
趣味で読書を始めたのですが、読んだ内容を忘れてしまいそうなので、ネットにメモしています。
メモ帳代わりなので、読みづらい点などありますが、ご了承ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。